kazokunokai291

ぽーれぽーれ

介護生活No21「介護と仕事の両立6」

「義母の介護は在宅で」 要介護3の義母を在宅で介護しています。 専業ではないので、必ずしも胸を張って言えるわけではないのですが、お互いのためには介護制度を目いっぱい利用するのも必要だと割り切っています。 介護認定を受けた当初は...
ぽーれぽーれ

介護生活No20「介護と仕事の両立5」

家族の責任感とケアマネの連携で続ける在宅介護 ある専業農家の例です。 80代後半のお母さんは認知症に加えて足腰も弱ってこられ、手を引いてやっと歩ける程度。 60代の息子さんは 農業に専従。 日々、広い田畑でのお仕事で主た...
ぽーれぽーれ

介護生活No19「介護と仕事の両立4」

介護休暇で在宅の準備 要介護4の母が退院する事になり、在宅介護を決意しました。 会社を辞めて親孝行をしようと一時は考え込んだのですが 「君は何でも抱え込むタイプだから、介護は地獄になるよ。きっと介護する方も受ける方も辛くなるか...
ぽーれぽーれ

介護生活No18「介護と仕事の両立3」

上司の理解に感謝して「満足した母の介護」 昨年、亡くなった母の事を話します。 自宅での最期を決意した理由 母が末期がんと診断されてから、その病気の進行は早く、見る見るうちにやせ細り、食事さえもいらなくと言う日が度々あるようになりました...
ぽーれぽーれ

介護生活No17「介護と仕事の両立」2

日々、認知症になった妻の介護と介護保険施設の運営 もう、10年になります。 脳血管認知症になった妻と一緒に残りの人生を楽しもうと色々な社会資源(デイサービス、訪問看護、病院介助、保険外サービス等)を利用し、仕事もしながら人生を楽しん...
ぽーれぽーれ

介護生活No16「介護と仕事の両立」1

「母親の介護を息子一人で・・・。電話相談員当に相談 女房の買い物の付き合いでマーケットを打とうとしていた時、一回り以上年下のA君が買物かごを下げて食料品を買っているのに出会った。 そして、疲れきった顔をしているのに驚き、最近の生活の...
ぽーれぽーれ

介護生活No15「実母の介護、義母の介護」

多くの皆様に支えられての介護中、介護を終えられた方の思いです。 「10年目を迎えた母の介護」 発病してもう10年目を迎えた。 母は認知症と診断される1年近く前から体温調節が崩れ、一日の中で何度も寒い、熱いを繰り返し、そのたび、着替...
ぽーれぽーれ

介護生活No14「アルツハイマー型認知症の母の介護」

認知症に対する科学的認識を深め、認知症の母親をまず受け止め、適切な接し方をすることにより穏やかな生活を取り戻し、さらには「認知症の母の介護」の中で家族の絆を深められている。 このような事がよく伝わってくる手記をお寄せいただきました。 認...
ぽーれぽーれ

介護生活No13「母との会話」

母の認知症(中核症状)は進み、単語レベルの言葉を発する事はできますが・・・。 2年半の間に記録してきた母との言葉と写真を使って母との会話・・・。 特別養護老人ホームに入所している母の元へ通いの介護をしだして、一年が過ぎました。 ...
ぽーれぽーれ

介護生活No12「グループホームでの出逢い。そして寄り添える喜び」

Aさんに「今日、私もお風呂一緒につかろうと思うんだけど」と話すと「あら、うれしいわ。一緒に入りましょうね。」と指切りげんまんしてくれる。 寄り添った分、関わった分、感動を頂ける。それを喜びに日々支援させてもらえる事に感謝です。 ホームを...
タイトルとURLをコピーしました